メインイメージ画像

事務所を移転するの格安で移転する方法

賃貸事務所を移転するために格安に済む方法はないでしょうか。事務所を移転するのに格安で抑えたい場合、移転についての一連の工程を一括で下請けする移転業者を起用するのが良いと言えます。これらの引越し業者は引越し手続きから事務所内部の設計から工事、回線の手配や備品の配備などワンストップで行うという利点があります。自分の会社で直接手配を掛ける為、余計なマージンがかからず、しかも伝達も素早く行われます。移転に関する各アクションについて各社独自のルートを所有しているため、格安に引っ越しができるのです。事務所に入居する時の最初の費用にはどういう種類があるか整理しましょう。

敷金や礼金、仲介料については通常の賃貸マンションなどと同じですね。事務所独特の初期費用には同じ建物の他の入居者建物の所有者に損害を与えた場合を保障する保険や家賃滞納に備える賃貸保証のコストがあります。そして、社名の広告看板など、外装を変えるという場合にはその工事費用もかかります。物件の所有者によっては請負業者が決まっていたりするので確認が必要です。事務所を借りて事業展開するなら、貸し会議室も併せて活用するとコストダウンできます。事務所に打ち合わせスペースがあったら便利ですが、空いている時間も多いものです。

イメージ画像

あまり使わない場所に高い家賃を支払うのももったいないでしょう。そうお考えなら、貸し会議室を利用すると費用が削減できるでしょう。貸し会議室には通常ミーティングや業務に利用されるオフィス設備やインターネット回線が完備されていて、しかも1時間という短時間から、広い事務所よりももっと安価で借りることができます。必要な時間だけ貸し会議室を併用すれば非常に効果のある費用カットができるのです。事務所を探す時一番注目すべきは立地がどこかという点と考えて良い理由を考えてみましょう。

新事務所で事業展開をするなら、まずは顧客を集めるのが最重要課題になってきますよね。ですから、多数の人の印象に残り、交通の便が便利な立地であれば、新しいクライアントを一層引き込みやすいと考えられますね。そして、事務所の所在地の名前によって、その会社の印象も変えることができます。言い換えると、HP経由で集客したい場合に有効だと言えます。大きな負担にならない家賃でできる限り好ましい立地の事務所を探しましょう。

  • 事務所の賃貸契約の更新について - その他(法律) - 教えて!goo
  • 更新情報