メインイメージ画像

貸事務所契約の際に提供されるサービス

目星を付けた貸事務所を比較しながら検討する選び方をしていると、いろいろなサービスがあることに気づくはずです。そして、それらサービスの内容は、比較するときに、エリアや賃料などといったものに負けるとも劣らないほどの高評価の利点になり得ます。人気のあるサービスになるとレンタルサービスでしょう。これは当初からある机や椅子をはじめ、PC関係、電話などが一般的なレンタルというものですが、今では、レセプションや秘書、電話応対といった人的サービスをレンタルすることが可能だということです。事務所の良い所は、内装を自由に変えられるという所です。

イメージ画像

内装の費用はそれなりに掛かりますが、事業のイメージやスタッフの業務スタイルに最適な内装レイアウトを設計することができるわけです。費用節減したい場合、居抜き物件で手を加えずに使えそうな内装の事務所を選んだら、内装工事無しに事務所として使えるのです。こうすると高額費用の工事が省略できるので、大きなコストダウンになります。その他のやり方として、賃料はやや高めですが、スポットでの使用ならレンタルスペースでしのぐやり方でもお得でしょう。事務所を選ぶ際の注意点を検討してみましょう。

事務所を賃借する利点の一つに、内装設計やレイアウトの設計を自分たちで変えられるというところがありますね。しかし、それと合わせて通常の契約には現状復帰義務があることに注意しましょう。これは、物件を契約した当初の状態に原状回復した上で退去しないといけないというものです。したがって、必要以上に大規模なレイアウト工事をしてしまうと、退去の際に予想外の費用が発生するでしょう。解約時の費用に注意の上、移転計画すると後が楽になるでしょう。

事務所を借りるなら、何と言っても築浅の事務所がおすすめできます。築浅の事務所は、耐震性やセキュリティシステムの面で高機能の装置が導入されていますし、エレベータなどの設備も最新式でとても利用しやすくなっています。ワーカーにとって作業しやすいことは当たり前ですが、取引先にとっても利便性が高く良い印象を付与することができますね。建物の印象は知らず知らずの内に企業イメージも左右してしまうと考えられています。賃料は若干割高にあるものの、成長性が高い会社が借りていることが多く、活力に溢れた職場となるでしょう。

更新情報