メインイメージ画像

借りたいエリアの不動産に頼むのが賢明な方法

沢山の貸事務所を比較する選び方であれば、その地の不動産を手がけている店に頼むのが賢明な方法でしょう。今だったら、好みのエリア、家賃、大きさなどの条件で探すと、インターネットで一瞬で探しだすことは可能ですが、貸事務所を決めるときに外せないのは、それだけではないでしょう。その貸事務所の近辺の感じやどういったお店があるのか、などといったことは実際に見ないとわからないですよね。現地の不動産屋であれば、それらのネットの情報だけでは分かりづらいことも教えてもらうことが可能なのです。事務所の配線工事を施すのに注意すべきなのは、契約完了後でなければ工事ができないという点でしょう。

従って、賃貸期間が始まってから工事が完了するまではその事務所で業務開始できない期間が生じるというわけですね。このような場合、事務所の工事が済むまで、以前の事務所と新事務所の賃料を重複して支払わなければならず、大きな負担が生じます。これを避けたいなら、フリーレントと言いますが、賃貸期間が始まってから数月の間は賃料無しという物件を選ぶと二重に家賃支払をせずに済むのです。事務所にかかる費用にはどのようなものがあるか見てみましょう。

イメージ画像

敷金や礼金、仲介料などは一般の住居用賃貸物件と同じようにかかります。事務所で特有の初期費用としては同じビルの他の入居者ビルのオーナーに損害を与えたケースに備える賠償保険や家賃延滞を対象とする賃貸保証料などの費用があるでしょう。そして、会社名の看板など、外装を取り付ける場合にはその工事費用も発生します。物件の大家によっては工事請負先が特定の業者に限定されていることもありますから確認が必要です。

事務所を借りる時に忘れがちなのが、セキュリティについてです。事業所というのは休日など人がいなくなるタイミングが外部にも分かりやすいのでターゲットにされやすい傾向があります。しかも、この先大事な顧客データや電子機器など大切なものを管理する上で、万一の自体が起こったら社会的信用に傷がつき、会社復旧のための経済的な損傷も深刻です。必ず、信頼出来るセキュリティを備えている物件か、もしくは後付で設置しても良いかを要確認です。

  • 賃貸倉庫の探し方について
  • 更新情報