メインイメージ画像

貸事務所を比較するならエリアに重きを置く

イメージ画像

地方都市の貸事務所を比較する選び方をするときには、無論エリアに重きを置くことが一番です。エリアに重点を置く根拠は複数あるのですが、大半の人は評判や地価を心に留めます。確かに、地価はその通りに家賃に反映されてしまうので、大事な点ではありますし、ポピュラーなエリアだったら名刺や封筒にアドレスを書くのも楽しいでしょう。しかし、さらに気を配って頂きたいポイントが、そのエリアにどれくらいの顧客が存在するか、ということです。また、得意先が来やすいように電車の乗り継ぎなどが良いかどうかも必要な点です。

事務所探しにおいて交通の面を確認しておくのは非常に肝心のポイントです。なぜならば、長期間に渡りビジネスを始めるにあたり交通の利便性が良い立地であれば、取引先にも、勤務するスタッフの立場でも良い立地と考えられるためです。取引先からしてみれば勿論のこと、勤務する者の立場に立っても、移動の時間が長ければその分だけ無駄な拘束時間が増えますし、アクセスの良い勤務場所である場合能力のある従業員も集まりやすいと言えます。これを理解の上、賃借料の金額も検討材料に入れて事務所の検索をしましょう。事務所に入居している会社が更新時期を初めて迎える場合のポイントを確認しておきましょう。

同じビルに引き続き入居をしたい時は、先に契約が自動更新か、契約更新の意思表示が必要かを確認しておきましょう。賃貸契約の更新時には通常、毎月の家賃とは別に更新料や契約手数料の費用が生じます。物件により異なるのですが、多くは1,2ヶ月程度の家賃の額であるケースが主流のようです。そして、契約を更新する時には次回の更新までの期間の賃借料の金額変更が認められているため、賃料が変わっていないかチェックしておくのが重要です。事務所の便利な点は、内装を使いやすいように変えられるという点でしょう。

内装工事費はかかりますが、事業のコンセプトや社員の事業形態を元にしてレイアウトを作ることが可能なのです。また一方では、居抜き事務所で手を加えずに使えそうな内装の事務所が見つかれば、内装工事抜きで事務所として使用できます。この場合だと高い工事が省略できるので、大幅なコスト削減ができます。その他のやり方として、賃借料は若干割高ですが、短い期間の使用ならレンタルスペースで乗り切るというアイデアも手軽でおすすめです。

更新情報