メインイメージ画像

貸事務所を契約する際の入居申し込み

始めに貸事務所の契約をしようとするときは、入居申し込みをしなくてはいけないでしょう。代表者名や社名、事業内容に取引銀行などというものを記入し、法人であれば会社の登記謄本が必要です。個人ということなら、以前の所得証明書といったものが必要になることもあり、そういった書類をベースに、貸事務所の家主がチェックし、それに合格すると、契約へということになります。そして契約日までに、賃料や保証金を収めます。その際は、振込をした事実を裏付けできるように振込用紙などを手元に必ず持っておくようにしましょう。

イメージ画像

事務所の引越をする際の留意点を整理しておくと後が楽になります。事務所移転で最も気にすべき点は日程の管理と言えます。事務所の移動には実行しなくてはならないことが山ほどあります。物件探しを始めとしてレイアウトの検討、家具の手配、ネット回線の確認、リース備品の手配、取引先への連絡、社内への指示、住所変更手続き、引っ越し社との打ち合わせなど枚挙に暇がありません。そのうち一つでも日程通りに進行しなければ次のアクションに影響が出ますので、前広に引越を計画しておきましょう。

事務所を利用していて更新時期をする前に、チェック項目を整理してみましょう。もしも引き続いて入居を希望する場合、事前に契約は自動更新なのか、更新の事前連絡が必要かを調べておきましょう。更新時には一般的に、毎月の賃借料とは別に更新料や手数料を支払わなければなりません。大家によるのですが、大体2ヶ月程度の賃貸料の金額であるのが一般的です。そして、契約更新のタイミングでは次回の更新までの期間の賃借料の額の改定が認められているため、賃料が上がっていないか確認しておいて下さい。

事務所探しにおいて交通アクセスをチェックするのが一番大切です。というのも、今後ビジネスを運営するにあたって交通の便が良い立地であれば、クライアントにも、ここで働く従業員にとっても好都合と考えられるためです。来客者の立場では当たり前ですが、従業員にとっても通勤にかかる時間が多いとそれに比例して無意味な時間が増えますし、好アクセスのオフィスである場合優秀なスタッフも集めやすいと言えます。これを理解して、賃貸料の費用負担も考慮して事務所の検索をしましょう。

更新情報